FXと株式投資の一番の違いは何だろう?

FXはよく初心者におすすめされる投資と言われています。そのFXとよく比較される投資が株式投資です。株式投資とFXの違いは注文方法や取引するものなどだけではありません。一番の大きな違いは資産運用に適しているのか、また利益を稼ぐことに適しているのか。これが二つの投資の大きな違いになります。
資産運用に適している投資が「株式投資」で、一方でFXは短期利益を稼ぐことに適しています。この二つの投資の特徴を「利益」という視点から見るのではなく「資産運用」という視点から見る事が大事なのです。そうすると株式投資とFXのどちらが自分に向いている投資なのかを知ることが出来ます。


【FXはどのような特徴を持っているのか】

FXは一体どのような特徴を持った投資なのか。これを投資家に尋ねると「24時間いつでも取引することが出来る」、「レバレッジという制度を使うと小さな資本金で大きな利益を得ることが出来る」、「直接取引しなくてもスワップポイントをもらうことが出来るので初心者には有利な投資」など投資家にとって利益を稼ぎやすいのかどうかという視点から見た意見がほとんどだと思います。
確かにFXは初心者でも比較的利益を上げやすい、また投資家にとって取引の選択肢が多いなど利益を稼ぎやすい投資だという事が出来ます。またレバレッジという仕組みがあるので少額からでも参加できます。取引してすぐに決済することが出来る投資がFXなのです。つまり短期間でお金を稼ぎたい方は迷わずFXをお選び下さい。


【株式投資はどのような特徴を持っているのか】

株式投資は一体どのような特徴を持っているのか。株式投資はFXよりも比較的、初心者には難しい投資だと言われています。それは取引することが出来る時間の制限、難しい金融知識を必要とされる、少額ではたいした利益を稼ぐことは出来ないなど初心者には気軽に参加することが出来ない投資です。それを証明するかのように株時期投資は個人投資家よりも、投資を本業としている機関投資家の参加者がほとんどです。取引時間もしっかりと決められているので、短期間で気軽にお金を稼ぎたいという投資家には株時期投資は向いていないでしょう。
しかし投資は何もお金を稼ぐことばかりに活用されるわけではありません。資産運用という生活に大事なものにも投資が利用されるのです。アメリカ人の多くは自分の資産を銀行には預けていません。全て証券・株などに変えています。日本では資産を銀行に預けることが一般的です。しかし銀行に預けても大した利息収入を得ることが出来ません。それならば銀行に預けるよりも株に変えた方がまだ利益を上げることが出来るのです。
株式投資には3600以上の選択肢があります。その中からどのように資産を株に変えるのかを自由に選択することが出来ます。株式投資には資産運用をする土壌が整っているのです。資産運用に興味がある方はぜひ株式投資を選択してください。